Written by KeNN

YouTubeの収益化を最短で合格する【3つのポイント】

YouTube

こんにちは! KeNNです。

最近では完全にYouTubeが時代の流行になっていますが、
そんなYouTubeの収益を生み出す3つのテクニック!!
今回はご紹介していきたいと思います!!

【最短で収益化に持っていくための3つのテクニック】

3つのテクニック

・1.YouTubeの収益審査基準を理解する
・2.視聴者の反応を確認する
・3.動画のクオリティ

1.YouTubeの収益審査基準を理解する

【YouTubeの収益の審査基準とは?】

読者「そもそもYouTube収益審査ってどうやったら受かるの?」

昔のGoogleアドセンス審査は誰でも簡単に送ることができ、
審査さえ通れば、簡単に収益にすることが可能でした。

しかし、2018年1月、YouTubeパートナープログラムの変更が発表され、

2つの条件

・過去12か月の総再生時間が4000時間以上
・チャンネル登録者数が1000人以上

上記2つのノルマを通過して、初めて審査してもらえる
という仕組みに変化しました。

※ここで勘違いしがちなのが、条件を達成すれば、100%審査に合格ということではありません。
審査してもらった上で、収益化するのに値するチャンネルかを判別し、
その審査に合格し、初めて収益化をすることが可能になります。

これから紹介する2つのポイントをしっかり学び、
最短での収益化
に繋げてみていただきたいです。

2.視聴者の反応を確認する

1つ目に紹介したノルマを達成するためにも、
ここは1番のポイントになってきます。

僕はゲーム実況者なので、今回はゲームで例えて説明すると…

Aさん 新作のゲームの最速攻略の仕方
皆が気になるようなことを検証する動画を作っている
Bさん 新作のゲームを普通にプレイし、進めていく

上記の2つの例をどちらがいいか、わかりますよね?
もちろんAさんの方になります。

昔はYouTubeの人口も少なかったため、
Bさんのようなスタイルでも伸びるような方はいましたが、

今のYouTube時代、
ましてや素人がただ普通にプレイする動画が見られる確率
ほぼ0%に近いです。

なのでここで大事なのが、

・今世の中で流行っているものを動画にする
・視聴者はどんな動画に反応しているのかを確認する

上記2つが大事なポイントだと思います。
今回はゲーム実況でお話しましたが、これは実写動画でも同じです。

ポイントを意識していけば…

再生  →視聴者が求めてる動画
高評価 →助かった、面白かったという証
コメント→固定の視聴者につながる可能性

以上の3つが増えてくれば、
自ずとチャンネル登録の条件、審査なども通る可能性が非常に高くなります。

ここを1番重要視して動画を作ってみてはいかがでしょうか?

・3.動画のクオリティ

固定の視聴者を増やしていくには、クオリティも大事になってきますが、
ただクオリティに関しては最初からガッツリ編集する必要はありません。

その理由としては・・・

・時間をかけて作った動画伸びないとモチベーションが下がる
・収益化できない状態で長時間編集しても、利益に繋がらない

上記の2つです。
僕も過去にガッツリ編集した動画などを作って、
いつか伸びるのを期待しましたが、

それは本当に無能の考えです。

如何に作業効率を減らし、動画を伸ばしていくか!!

という考えにシフトした方が賢いです。

わかりやすく言い換えると

バイトで4~5時間働いたのに、時給が10円

そんなとこで皆さんは働きますか?
絶対に働かないですよね…

なので、以下に手間暇をかけず、動画の向上をしていくかが非常に重要です。

継続して行っていくうちに、規模もでかくなったときに
動画のクオリティも向上
させるのがおススメです。

ということで今回は
YouTubeの収益化を最短で達成する3つのポイントを紹介しました。
実際に収益化するまでは非常に大変だと思いますが、

しっかり学び、考え、実践するを繰り返せば
いつか道は開いてくると僕は信じています。